読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yaotti's diary

QiitaやKobito、Qiita:Teamを作っています。Software is Eating the World

「20歳のときに知っておきたかったこと」を読んだ

book


1ヶ月程前に買って読み,感じたことをまとめていたのだけれど,今日改めて読んでまとめを作ってみると,1ヶ月前のものとは微妙に違っていて面白い.
半年後,一年後に読むとまた感じるもの,ひっかかるポイントが違うんだろうなぁ.


以下は読んでいて気になった点の引用+感想を少し

  • 「問題を与えられないと解かない人」はまさにそうだなーと思った.問題発見能力が低い?
  • 「用意された道にとどまった方が楽なのは誰も同じ」
    • 「決まりきった次のステップ,とは違う一歩」
  • 決まりきった次のステップ以外に進むには訓練が必要→普段から他の選択肢を考えるようにする
  • 「他人の怠慢のおかげで成功できる」なるほど…
  • 自分の能力と, それに対する周りの評価を知っておくことが必要
    • 他人からの評価は意識しないといけない
  • 「幸運なんてものはないよ.すべては努力次第だ」
  • 「何かをしようとしている,は言い訳.するしかない」
  • 制約を与えることで良いアイディアが生まれることも多い
    • 「クリップを使って何かしなさい」なんてかなり強い制約だけど,それによってイノベーション・トーナメントの開催なんてことも起きる
  • 自分自身に課題を出すことができる
    • どうやる?意識的/習慣的に縛らないとできなさそうだけど
    • 自分はその前の段階だなー
  • 「許可を求めるな,許しを乞え」
  • 「自分で自分に許可を与えるタイプ or 自分のやりたいことを許可されるのを待っているタイプ」
    • 許可待ちよくない