yaotti's diary

QiitaやKobito、Qiita:Teamを作っています。Software is Eating the World

SVC4日目

plan
Stanford=>RockYou

Stanfordへ

朝Stanfordへ行き,大学らしさ,大きさに感動した.お金かかってるなぁ…
StanfordのBookstoreでうろうろ.MacBookProが17万円って.学割安すぎる.
その後そこの2階cafeで昼食を食べて(ItalianSandwichとcappuccino,カプチーノ苦すぎ),
スタンフォードの元&現大学院生の方々とお話させてもらった.

元&現大学院生の方々と語らう会

「(Stanfordの)理系大学院について」「学部を日本→大学院で留学」などについて聞いた.

  • ドクター課程ならばお金は全てサポートしてもらえる
    • マスターなら日本政府の奨学金,という手もあるよ
  • マスターでのComputerScienceは論文はなし,研究というよりも講義をこなす
    • 理論とその実践をバリバリやるらしい,プログラム書いて「動くものができました」というのではない
    • 研究はドクターから.ただしドクターも授業はある
  • マスターの授業でも,基礎はある.基礎から応用までやる
  • 授業は週に3コマくらい
    • きつい授業だと1コマにつき,授業外の勉強時間が15時間とか
      • しかし寝る時間を削ってやる,というほどはきつくない.土日10時間勉強ってくらい
  • 院での成績は就職に影響する
  • TOEFL=>留学して院の授業=>就職,というのは英語力を順調に上げてゆく良いパス
  • 院入試にてアピールできる賞が少ないため,日本人は不利ではある
  • 必要な情報は全てネットで集まる
  • マスターのお金はフェローシップをもらえればなんとかなる
    • 20%免除,半額免除など
  • 大学の成績もそれなりに重視される
  • 留学を考えているならば,英語を早めに始めておくべき.TOEFLの勉強を.


留年(2留しそう)する程度に単位が無いんだけれども,あれ見たら,今日のような話聞いたらサボってられない.

RockYou

Stanfordに別れを告げた後,少々迷いつつもRockYouへ.
社員が100人らしいが部屋が2つ(営業・マーケティングとエンジニア・デザイナー)でパーティションも無いのでとても広く感じる.


**ねむいのでまたまとめる**


それ以降

夕食にタイ料理店にてforest curryというカレーを.辛いけどおいしかった.


そろそろ頭動かなくなってきた.
警察に車止められたり誕生日をアイスで祝ってもらったり(3/23で21歳になりました,これでCAでもお酒が飲める)しました.
とにかく,twizzlerはまずいのでおすすめしません.

次(≠明日)はintel museumとGoogleplexとDropbox
豪華なので思う存分楽しんで(かつ学んで)こようと思います.